忍者ブログ

DTM

2011年08月17日
※極めて内容がない日記です※
mixi日記アーカイブ


大学の同級生がこないだDTMを始めたらしい。
(DTM:デスクトップミュージック。パソコンを用いて制作された音楽、またその制作行為の総称。)

そういやDTM最近してないなあとか思って、フォルダの中身を眺めてたら色々制作途中で放置されたファイルが出てきた


というわけでとりあえずテルーの唄(ゲド戦記)と「天空の城ラピュタ」メドレーを一応完成させた


エレクトーン脳なので相変わらず基本3トラック(上鍵盤・下鍵盤・ペダル)なんだけど楽器の使い方にこなれてきたのか、ずいぶんマシなものになった気がする。

ジブリ音楽は小学校の時初めてDTMに触れて以来何作か作ってるけど、徐々にそれなりに聴ける音楽になってる気がして、なんか進歩した感



とか言って調子に乗って色んな楽器を使って作ってみた『「天空の城ラピュタ」メドレー』は結構残念な感じになった気がする
まぁいろんな楽器を使ってみても、結局3トラックに集約できるもんだから結構な音が欠けてるし、そのくせ全くこなれてないドラムスを使ってみたりしたもんだからちょっとジャスコ

(ジャスコ:メインメロディ・ベース・ドラムスの3音がやたらでしゃばってる音楽。メインメロディがサックスだったりして全体的に吹奏楽っぽいジャスコで流れているようなアレンジの音楽。幸いなことに(?)ラピュタメドレーは管弦楽なのでジャスコ感は緩和されてる、と思う。)


で、大量に楽器を使ったものだから、本来入れるはずだった楽器が入らなくてorz

(MIDIは基本的には最大で16のトラックしかないので16種類以上の楽器は使えない。シーケンサによってはトラックの途中で楽器を変えることができるものもあるが、そんな高性能なシーケンサを使ってないので無理)
(MIDI:DTMで作られたファイルの最もメジャーな形式。)
(シーケンサ:DTMで必要な音楽制作ソフト。)


というわけで楽器数の少な目でドラムスを使ってないテルーの唄の方が安定感/(^o^)\


けど1回のときに作った「どんなときも。~Orchestra~」がやっぱりイチバンの安定感。
まぁ丁寧に打ち込んだタイトルだし(笑)
(原則3トラックだけど)


ラピュタは3トラックの現状から音を追加してもうちょっとまともにしたいけど、なんかこれ以上弄ると単にやかましくなりそうな気がする


休み明けたら絶対音感の某JK(←オッサンです。)にリアレンジしてもらおうかな?
PR

Xperia評

2010年10月16日
管理人がパソコン関係の学科にいながらカテゴリに電子機器がないとかいう有様だったので、とりあえず作ってみた。

最近はブログの更新も多くはないので……死にカテになりそうな予感もするが(汗
まぁ、更新が多かった以前から恐竜カテゴリなんかは死にカテだったし……


という前置きはさておき。
Xperia購入から1か月弱。そのハードウェアについて評していこうかと思う。
……前々から書こう書こうとは思っていたのだが、意外と時間がなくて書く暇が見つからなかったりとかいうのが実情だったり。


とにもかくにも、とりあえずは携帯電話であることには変わりないのでまずは電話機能から。
外見からは他のスマートフォン同様、どこが携帯電話なのかと疑わざるを得ないデザインだが一応ちゃんと電話はできる。
所有者なので実際にXperiaを通した自分の声を聞いたことはないが、マイク機能はあまりよくないらしい。
電話機能について、基本的に電話ができれば語ることは多くないのだが、docomoの端末でありながら電波が不安定になることが少々気になる。
おそらくは通常の3本アンテナではなく5本アンテナだから一層気になるのではあろうと思う。

メールを含めたネット機能については、とりあえず意外とソフトキーボードが小さいので親指操作がメインの日本人にとっては少々不便であるという感じがあった。
ネット自体は割とサクサクとブラウジングが可能だが、予想以上に高解像度が要求されるのだなというのが第一印象。
Xperia級の解像度を持ってしてもまだ足りないし画面の大きさにも不足がある。
あくまでも携帯電話なのでサイズはこれが限度だろうが、そういう意味ではDSブラウザのような2画面はかなり効果的だったのだと思える。
ブラウザに関しては、ガラパゴスブラウザが評判だ。Operaブラウザもあるが、文字サイズという面で少々使いづらさを感じた。
Xperiaという端末全体に言えることだが、コピペなどの環境はあまりよろしくない。

さて、OSはアンドロイドだが、Xperiaにはtimescape,mediascapeの2種類のオリジナルアプリがプリインストールされている。
正直、どちらもあまり使い勝手がいいようには思えない。
というのも、timescapeについてはXperiaほどのスペックがあっても、まだ重い。とてもサクサクと動くという実感はない。
mediascapeについてはtimescapeほど重くはないものの、何かと使い勝手が悪い。
たとえば動画なんかだとXperiaの解像度に満たない動画は額縁映像になってしまい拡大することができない。
音楽についてはSONYだからと言って期待してはならない。
高解像度のイヤホンで聞こうものならホワイトノイズがあり得ないことになってイヤホン涙目といった感じ。
というか、付属の5000円級のイヤホンでさえホワイトノイズが十分聞き取れてしまう。

画質についてはらしくない6万5千色と、PSPの32bit truecolorはおろかDSの26万色にすら遠く及ばないものだが、実際のところ、意外と気にならない。
動画再生についてはMedia Goが自動でXperia向けの動画ファイルに変換してくれるので動画転送の煩わしさは少ない上、コマ落ちの心配も少ない。


電池はまぁ1日もてば、くらいのもので、実際に様々な操作を行っていると1日持つか持たないか怪しい程度。


とりあえず思いついた評価だけ箇条書きの如く書き連ねてみた。
そのうちまた書き改めるかもしれないし、しないかもしれない。
 | HOME |