忍者ブログ

じゃむさんに突撃インタビュー2

2008年10月01日
2日続けてじゃむさん(日本JUM党党首)に突撃インタビューです。今回は最近の政治の流れから所信表明を聞いてみました。

以下じゃむさんによる演説(一部固有名詞を一般名詞に変えています。それ以外はほぼ改行誤字含め原文に忠実です。)


これが本校の提案する3つのソリューションです。
Yutoritio――ユトリション
1.校内生の皆様のやる気を迅速かつ確実に削ぎ落とします。
副教科だけでなく、大半の主要教科に対する授業態度
を急速に悪化させ、ゆとり教育の賜物を見事に実現させます。また、
大不評の[System "SUGAKU"]を併用することで、効果は2倍に
も3倍にも拡大し、授業崩壊を容易に引き起こします。
Dame-nes――ダメネス
2.無能な教師を学年団に採用することで、校内における、盗難等の犯罪を
引き起こす確率を爆発的に高めます。生徒から教師、果ては用務員の精神
に大きなダメージを与えます。また[SEIKATSUSHIDOU]を採用することで、より
進学校にあるまじき驚くべき行為を頻発させることに成功します。

3. O-tax――オタックス
未来の秋葉族の養成を圧倒的に促進します。オタク人口、対在校生エロゲー
プレイ率に驚異的なプラスを加え、他校を圧倒的に引き離します。
これにより、従来より校内でかわされるオタ話の数を430%増加
(当校比)させ、本校をオタク色に染め上げます。更に、最新鋭
の史上最悪のルーチン[Cabarer]を併用すれば、より効果的です。
また、別コースでは、(人道的観点より中略)勇者の育成も可能です。



以上。例によって自作自演ではないです。(ただしじゃむさんは日本人とする。)
すみません。このブログ、最近遊びすぎですな(笑)
PR
Comment
いやいや
え、これ、ネタじゃないんですか?
No title
勿論ネタです。
ただし私のネタではないです。
No title
しかし特に3つ目は今回の文化祭で実証されましたね。大当たりです。
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Trackback
トラックバックURL: